亞北ネルのデザインは何故こうなったのか?-前編-

とブチあげてみたものの、初音ミクがデザインベースであることは明らか…というかあからさまであり、誤用の方の意味での「確信犯」であることに相違ありません。
その上で、初音ミクとは異なる点のいくつかについて、何故そのようなデザインになったのか、亞北ネルの基本的な設定と併せて書き出してみました。
前回同様、これはあくまで私自身の「覚書」であり、ネット上を伝播していく間に自然発生的にネルに付加された設定などが「間違っている」とするものではありません。
多くの方に支持され“流れ”で決まったものが、最終的な“ネル像”になっていくのでしょうが、今は皆さんそれぞれの亞北ネルを育んでくださいまし。

では、1つずつ見ていきましょう。

画像


画像


■亞北ネル基本設定
年  齢:17歳
身  長:150cm
体  重:38kg
得意技:掲示板への書込代行、印象操作

■サイドテール/サイドポニー
はてなの説明では「ポニーテール」となっています。
広義の意味ではポニーテールでおkみたいですが、ウィキペディアには「左右どちらかにテールを垂らした場合はサイドテール、もしくはサイドポニーと呼ばれる」とあります。
文字だけで説明するとき、「ポニーテール」だとどうしても通常のポニーテール(「俺、実はポニーテール萌えなんだ。」のポニーテール、もしくは真・三國無双5の周瑜のポニーテール)を想像してしまいます。
というわけで、ここでは文字情報だけでも何とかイメージがつかめる「サイドテール/サイドポニー」としています。
実はこのサイドテール、かなり初期から「エクステである」という設定が、スレ住人の一人によって付加されています。
エクステが何かわからない人のために説明しますと、これは「ヘアーエクステンション」の略称で、簡単に言うと「付け毛」の事です。
ネルはミクを(使ってる人も含め)貶める事を生業としてはいますが、本心では強い憧れを抱いています。
本当はミクのようなツインテールにするため、エクステを2つ揃える予定でしたが、お金が足りなくて断念したのです。
一本だけ、しかも片側にだけ付いているのは、そういう理由があったのでした。
だからホントはショートカットの女の子なんですよ>ネル

■髪色
これなんですが、「鏡音リンと被ってる」と各所で言われています。
全くその通りなんですが、一応リンのイラスト発表以前にネルは誕生しています。
では何故色が被ったのかというと、私自身意識してはいなかったんですが、恐らくイラスト発表以前のCV02特設ページに使われていた文字色が黄色だったのが、頭のどこかに刷り込まれていたのだと思います。
かえってネタ的にはおいしかったですw

■ツリ目
  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;  ツンデレキャラはツリ目が基本・・・
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  そんなふうに考えていた時期が
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f.   俺にもありました
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!

でもよく考えたらそんなこと無かったので、多分よく考えていなかったのでしょう。
真面目な話をすれば、ミクとの差別化という意味でも目に違いを付けるのが最も手軽だったからですね。
目が違うだけでだいぶ印象が変わってきます。

■へそ出し
元も子もないことを言うようですが、どうみても私の趣味です。本当にありがとうございました。
ただ、へそを出している必然性が無いわけではないのです。
先程サイドテールの話をしましたが、要するに衣装に関してもお金が足りなかったのです。
仕方ないからこの丈なんです。

■短いネクタイ
お金が(ry
それに、長くしたらせっかくのヘソ出しが台無しじゃないですか!!
たまにちらりとネクタイ裏のヘソが見える、というのも中々趣がありますけどね。

■背中の穴二つ
布が足りなかった、のです。
丈を短く取っても、まだ布が足りない…。
「アパム!アパム!布!布持ってこい!アパーーーム!」という心境だったでしょう、ネルも。
裏的な設定として「人を呪わば穴二つ」という意味を持っています。

人を呪わば穴二つ - Wiktionary
http://ja.wiktionary.org/wiki/%E4%BA%BA%E3%82%92%E5%91%AA%E3%82%8F%E3%81%B0%E7%A9%B4%E4%BA%8C%E3%81%A4

慣用句としての意味より、語源の方に近いです。
ネルは工作員という仕事にそれほどの覚悟を持って臨んでいるのです。

■左腕のキーボード
私の描くネルは左腕にのみキーボードが付いています。
Bluetoothというワイヤレス仕様で、何故か無刻印です。
ミクの腕のモノの雰囲気を残しつつ、ネルっぽくするにはこれだろうと言うことで。

■スカート
中に通信端末が内蔵され二つの小型モニタが付いた、いわゆるウェアラブルコンピュータです。

ウェアラブルコンピュータ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF

ここにもの凄いお金がかかっています。
あまりにお金がないのもこれのせいと言ってもいいぐらいです。
これで掲示板を常時監視し、24時間戦えます。
ここだけ妙にハイテクなのも私の趣味です。すいません。

■スパッツ
当初はスパッツしか履いていない、という設定でしたが、下の動画の登場で「パンツ説」が盛り上がりを見せています。


と…ここで小休止、後編へ続く。

"亞北ネルのデザインは何故こうなったのか?-前編-" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント