記事転載済み

当該記事を下記ブログに転載しました。

電脳景観日記/ウェブリブログ
http://tibesen.at.webry.info/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

 
2008年04月03日 02:28
福田も相変わらずヘタレてますよ
チンタオ来日が色んな意味で楽しみですわ
N+民
2008年04月04日 22:13
最近の法案は異常な内容のモノが多すぎて心配ですね

・有害情報規制法案
・人権擁護法案
・児童ポルノ禁止法案
・外国人参政権法案
・ユニバーサル法案

有害情報規制・児ポ法・人権擁護、法の解釈によっては亞北ネルのキャラも禁止されそうな内容で・・・
 
2008年04月05日 04:34
判断する人間の視点で18歳未満に見えたらダメみたいですよ
加えてアメの大使も単純所持禁止汁と言って来てます
ちなみにアメ人の視点から見ると三十路のほしのあきもロリです。
それに乗じて偽ユニセフやマイクロソフト、ヤフーが二次も含めた規制をしようとして
一部の議員がそれに応じた規制法案を出そうとしてます。

http://human7.2ch.net/test/read.cgi/ms/1205232720/
鬼女様方のスレですが、法案について語られた内容が適度にコピペされてるのでドゾー
 
2008年04月05日 05:19
肝心のチベット問題を書き忘れてました
チベットにもれっきとした国歌があるそうです。
出来れば旗だけではなく合唱したいですね
ヒオカ
2008年04月06日 23:57
>>?さん
お名前がなかったのでとりあえずこれでw
福田総理は…まぁあんなもんでしょう。
胡錦濤来日は来月6日となったようですが…行く先々でチベット旗が翻ればいいなぁ。
チベット国歌は、日本人が歌えるような歌なんでしょうかね?

>判断する人間の視点で18歳未満に見えたらダメみたいですよ
無茶苦茶ですね。
タダでさえ童顔に見える日本人を、欧米の年齢基準で語らせてどうしたいんでしょう。
三次ロリの規制には賛成ですが、選定基準はもうちょっと考えてほしいです。
実際問題として、禁止したところで需要が消えるわけではないですから、小児性愛を題材とした非合法な映像なり写真なりが高騰して闇販売ルートが拡大しないか心配です。
流通の最終段階を取り締まったところで、子供が犠牲になっている現状が解決しないことには…。
それに巻き込まれる二次はタダのとばっちりで、たまったもんじゃありません。
以前、知り合いのそれ系の同人作家さんに「規制強化されたらどうするんですか?」と聞いたら「地下に潜って描き続ける。以前の状態に戻るだけ」と仰ってましたけどw
ヒオカ
2008年04月06日 23:58
>>N+民さん
>最近の法案は異常な内容のモノが多すぎて心配ですね
どれもこれも、外面ばかり良い名前で、内容が酷いという共通点が。
基準が曖昧でいくらでも拡大解釈できるようなのが問題ですね。
たとえそれらの法解釈でネルが禁止されるような事があったとしても、私は描き続けますけどね。
社会的に法で禁止したとしても、人の想いがある限り、それは止められないものです。
チベット人を中共が抑えきれないのも、その想いが強いからに他なりません。
社会生活を営む上で、人間は己を含めた「人」を法で律する必要がありますが、その法に納得できないという想いまでは縛ることができません。
政を司る人達は、そういった想いが爆発して国民から吊し上げられないよう、良い国作りをしてもらいたいものです。
ACGER
2008年04月21日 23:35
なんというか、偽物の気...

だって、発音が口癖なし...
ヒオカ
2008年04月22日 00:15
>>ACGERさん
中国からのご意見どうもです。
口癖がないというのはaccentが綺麗すぎるということでしょうか?
偽物だとすれば誰が手配したものだと考えますか?
チベットが平定されていると世界にアピールしたいが為に実施した外国人記者受け入れだったわけですから、中国当局がわざわざこんな事を言わせる必要はありません。
では、ダライ・ラマのチベット亡命政府やその関係者でしょうか?
しかし、ご指摘の通り「発音が口癖なし」ならば、チベット側と深く結びつく要素があるとは言えませんし、偽物である必要もありません。
考えられるのは、同化政策が進んだことで独自言語であるチベット語の習得よりも、実生活の上で使わざるを得ない中国語の方が浸透している可能性です。
また、学校でのチベット語教育を重視していると中国のメディアで報じられたりしていますが、80年代(実質的には90年代)まで学校でのチベット語教育が禁止されていたことを考えますと、チベット語の習得率がどの程度のものか甚だ疑問であります。
特に、この映像に出てくるような若い世代ならなおさらかと。

この記事へのトラックバック