防火ロイド「亞北ネル」

アクセスカウンタ

zoom RSS VOCALOIDに加えて“VOICEROID”も−日本よどこへ行く−

<<   作成日時 : 2009/11/14 02:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 7

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、AH-Softwareの新VOCALOIDの製品情報が発表されました。

SF-A2 開発コード miki - VOCALOID2
http://www.ah-soft.com/vocaloid/miki/index.html



ご存じ、最初に存在が判明したmiki。
声のサンプルが発表される前から早速二次創作が始まっています(他人事のように言うのもアレですがw)
これから紹介する中では一番従来のVOCALOID(クリプトン社のCVシリーズを始めとしたキャラクター付き国産ボカロ)に近いものではありますが、機能説明の「16人でハーモニー」が気になります。

>声質を変えた16人のシンガーを設定することができるので、コーラスや合唱曲を歌わせることができます。

これまでもミクなどでコーラスや合唱曲を歌わせたものがありましたが、最初から16人分の設定が用意されているというのはおもしろいですね。

訂正:VOCALOID2の標準機能なのでミクにも付いているそうです。
持っていてもほとんど使っていない結果がコレだよ!

コミュニティの性質上、特徴的なものは別に名付けられるかもしれません。
デモソングだと「し」が「ち」に聞こえてしまいますが、なんだか最初の頃のリンを思い出します。
いや、むしろもっとはっきり聞こえるかもw

続いて、YAMAHAの中の人のつぶやきから、存在することだけはわかっていた他二つのボカロです。

ボカロ小学生 歌愛ユキ - VOCALOID2
http://www.ah-soft.com/vocaloid/yuki/index.html



ボカロ先生 氷山キヨテル - VOCALOID2
http://www.ah-soft.com/vocaloid/kiyoteru/index.html



歌愛ユキの「ボカロ小学生」というド直球ネーミング「9さい」やや不安を覚えつつも、mikiとは大幅に異なった路線でインパクトは大。
子供のようなかわいらしい声で歌わせたいというニーズからコアでデンジャラスなニーズまでに答えてくれるのではないでしょうか。
少女声のVOCALOIDはクリプトン社も「Project if...」として公表しており、声質は異なるものの、このコンセプトでの製品化はAH-Softwareが先行した形ですね。

一方の「ボカロ先生」氷山キヨテルも、「先生」というキャラクター設定がおもしろいですね。
男性声は女性声以上に好き嫌いが出るような気がしますが、個人的には声も良いと思います。
また、それぞれをキャラクターとしてみた時、「ボカロ小学生」と「ボカロ先生」という組み合わせは、教育分野や童謡・唱歌への利用も考えられます。
また、特殊な一部の層に大変需要がある組み合わせであることが否定できません。
今までにない路線への期待感もありつつ、言いしれぬ不安感もありつつ。

さて、これらはYAMAHAの「VOCALOID2」に音声ライブラリを付けた製品ですが、次に紹介する二つの製品は株式会社エーアイの音声合成ソフトウェア「VOICEROID」を利用しています。
VOCALOIDが「歌」に特化した音声合成ソフトなのに対し、VOICEROIDは入力した文字の読み上げ、つまり「喋る」ことに最適化されたソフトです。

VOICEROID 月読アイ - 入力文字読み上げソフト
http://www.ah-soft.com/voiceroid/ai/index.html

VOICEROID 月読ショウタ - 入力文字読み上げソフト
http://www.ah-soft.com/voiceroid/shota/index.html



,:‘.          。             +   ,..
 ’‘     +   ,..       . ..; ',   ,:‘
      . .; : ’                           ' ,:‘.
           あ あ             ,:‘.      +
.. ' ,:‘.                             . ...:: ’‘
’‘     .;    こ ん な 表 現 し に く い
                                       。
.     。   気 持 ち に な っ た の は   ,:‘. 。
 '+。
                初 め て で す          .. ' ,:‘.
:: . ..                            .. ' ,:‘.
      (´・ω・`)


正直に言いましょう、コレはすごいです、ゴイスーです。
同時に危険なかほりがします。
まさに日本\(^o^)/(このAAを「ハジマタ!」と解釈するべきか、「オワタ」と解釈するべきか)

サンプルボイスを聞く限り、子供が喋ってると言われたら信じてしまいそうです。
調整なしでこんなにも自然に聞こえるとは驚きですね(ある意味、幼い子供特有のたどたどしさに助けられている気もしますが)
これはVOCALOID以上に利用する人の良心が問われる製品ですが、「ゆっくりボイス」などの活躍を見ても「喋り」の音声合成に対する潜在需要は高いものと思われます。

個人的に「幼い声」ということを逆手に取ったシュールな利用を推奨したいですね。
たとえばコレとか

こういう使い方は大好きです

インパクトという点において幼兄妹ボイスは強烈なので、つかみはばっちり。
これが成功すればさらに色々な年齢層のVOICEROIDが発売されるかもしれません。

ロボット娘に小学生と先生、さらにお喋りのうまい幼兄妹と、また賑やかになりそうです。

※追記
ちなみに2ちゃんねるのボカロ本スレでは、否定的意見がかなりあります。
初音ミクは発売初期、多くの人からイロモノ的に扱われていましたが、二年あまり経った今日では、頭ごなしにイロモノ扱いする人はかなり減りました(いなくなったわけではありません)
そこにこのAHSのハイパー斜め上な商品展開、「こんなのと一緒にされるのはいやだ」という人がいるのも無理はありません。

しかし、そういう方達に私は言いたい。
AHSの製品に対する嫌悪感や拒否感は、かつてボカロを「気持ち悪い」「オタクの道具」だと罵った人達が抱いたそれと、大して変わらないであろうということを。
クリ社とAHSの製品を混同して馬鹿にする輩がいたとしても、そんなものは放っておけばいいですし、そんなことでボカロ界隈が崩壊するのなら、とっくに最初の時点でぶっ壊れています。
気に入らないものを無理に好きになれとは言いません。
必要以上に排他的になったり、選択肢が増えることを否定したりせず、ほんの少しの寛容さを持つだけで、世界はもっと広がりを持ってくれるはずです。
作り手の手に渡る以前に、パッケージに惑わされて未来の可能性をすべて否定するという姿勢には賛同しかねます。
作り手と聞き手が常に可能性を広げ、想像だにしなかった偶発的な変化を何度も経験しているボカロ世界の、一体何を見てきたのかと、小一時間ばかり問い詰めたい。

「これがボカロのあるべき姿だ!」なんて御高説を垂れるにゃあまだ早すぎます。
自分のちっぽけな常識が打ち破られるのを楽しむ、これもまた一興、ですよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 41
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
>そこにこのAHSのハイパー斜め上な商品展開、
>「こんなのと一緒にされるのはいやだ」という人がいるのも無理はありません。

なるほどねぇ、わては作る側へはまわらないので解りませんけど・・・。
ヤマハがこの手の商品展開を認めたって事に驚いています。
いよいよ、ソフトウェア音源としてジャンルを確立したなと。

まぁ、「初音ミク」の販売本数を考えるとドジョウ狙いはあると思っていたけど、
ここまで狙ってくるとは・・・3番手としてのインパクトを狙っていた筈。
しかし・・・ちょいワルPとかの全部揃える派の人はご愁傷様としか言い様が無い。
一気に3本、読み上げも入れると5本ですから・・・たらーり。
毛虫
2009/11/14 19:43
>>毛虫さん
mikiをAHS名義で出す見返り?だったのでしょうかね?>YAMAHAが許可

私としてはどのような商品展開であれ、ユーザーの選択肢が増えることを歓迎したいと思います。
後続に元気がないようなジャンルはどん詰まりになってしまいますし。

これ全部揃えるとなると相当な金額ですよね。
同時発売となるとどうしたって売り上げは分散すると思うんですが、3番手だけにインパクトを優先させたのかも知れませんね。
ヒオカ
2009/11/16 14:07
YAMAHAの剣持氏がなんか企てたのかねぇ。
ミクとグミのコスプレ衣装を立替で用意したり暴走気味だったしw。

クセの無い男性VOCALOID2は切望されていました。
mikiのシリーズは皆があの人を!!と盛り上がっていた。
子供は・・・コメントを差し控えさせて頂きたい(苦笑)。

金額・・・メイコカイトミクリン&レンルカがくぽメグユキキヨテルミキとソニカとレオンで・・・20万かね。
毛虫
2009/11/21 20:46
>>毛虫さん
>YAMAHAの剣持氏がなんか企てたのかねぇ。
どうでしょうかねぇ…。
AHSの意向であるにしろ、YAMAHAが許可したという事実がある以上嫌がっているわけではないでしょう。
ボカロ小学生が変な方向性だけに偏るのを、何とか救ってあげたい気がしますw

>>20万
CS4 Design Standardが買える値段かぁ…ゴクリ…。
ヒオカ
2009/11/23 10:22
…初めまして…この技術…「声優業を破壊する」技術ですよね(汗)。
そりゃ音節のサンプルを話すのが現実の人間なのは分かりますが、それを組み合わせて人間の文章発音を合成する技術ということは…、その手のソフト(声質が異なってくる)が多数登場すると、作成側はそのVOICEROIDを購入すれば、アニメーション作品の作成の際に、そのキャラごとに1つのVOICEROIDを振り分ける形で、「声優に全く出演依頼をしないままで」アニメ作品を作ることができますから……(苦笑)。
さらに言えば「歌手業を破壊する」VOCALOIDとの組み合わせによって「録音スタジオ」の存在価値が消えますよね…VOICEROIDを作る際にその「録音スタジオ」が必要とは思いますが、多数作ってしまった後には…。
TM47-S50
2012/02/17 00:03
<この前の私自身>
>…作成側はそのVOICEROIDを購入すれば、アニメーション作品の作成の際に、そのキャラごとに1つのVOICEROIDを振り分ける形で、…

おっと、厳密にいうと「VOICEROID」→「VOICEROID用音声ライブラリ」ですね、これは。
同様に「VOICEROIDを作る」も「VOCALOID用音声ライブラリ」ですか。

<毛虫さん、ヒオカさん>
そうはいっても「音声ライブラリを入手する一瞬だけ」必要ということですからね。声優を起用して「複数月かけて」アニメアテレコをしてもらって給料を払うよりも「安価に済む」可能性があることも十分考えられる…かな……(苦笑)。
あとは「感情の表現方法」をVOICEROIDが模倣できれば、というところかと(苦笑)。
TM47-S50
2012/03/12 22:27
>>TM47-S50さん
どうも初めまして!

>この技術…「声優業を破壊する」技術ですよね(汗)
どうでしょう…結局は声優さん達の「演技」への需要はそのままだと思いますけどね。
例えば映像で言うと、どんな美麗で写実的なCGを作れるクリエイターでも、動作の機微や表情の演技となれば、まだまだ本職である俳優さん達の力を借りなければなりません。

声優さんにしても、ただ単に音声を提供しているわけではありません。
合成技術が上がっても、それに演技をさせる「演声クリエイター」が必要になりますが、それがマイクに吹き込んだ声から指定したライブラリの音声が自動生成されるようなものであれば、それこそ次世代の「声優業」と呼べるのではないでしょうか。

これら技術は人間を駆逐するものではなく、容易に人材を確保できないような個人クリエイターや小さなスタジオでも創れるものの可能性が広がる、創作の裾野を広げるものだと思っています。
下に広がる分、プロフェッショナルと呼ばれる人達は限られてくるとは思いますがね。

「感情の表現方法」の模倣と言っても、かなりのパターンが生成できるようなアルゴリズムでなければ需要を満たせないと思います。
それが実現する時は「感情を持つロボット」も出来ると思います。
ヒオカ
2012/03/14 05:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
VOCALOIDに加えて“VOICEROID”も−日本よどこへ行く− 防火ロイド「亞北ネル」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる