防火ロイド「亞北ネル」

アクセスカウンタ

zoom RSS 電子工作員、亞北ネル

<<   作成日時 : 2008/04/16 17:44   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 9

「尻P」こと実践派SF作家野尻抱介先生が、4月20日に開催される「Make: Tokyo Meeting」で「ニコニコ技術部有志」として、Daisy MP3 playerをベースとしたネギ振りミクプレーヤーを展示されるとのこと。
そしてなんと、余ったマイクロコントローラーの力で腕をフリフリするネルのオブジェを作ってくださいました!!

携帯みくみくプレイヤーの製作動画


ネギ実装編、ネルのオブジェも出てきます。


事前に野尻先生からメールを頂きまして、試作品を見せていただきました。

画像


非営利なのでもちろんイラスト使用は無問題。
むしろネルを選んでいただいて光栄です。
で、このイラスト自体は一番最初に描いたもので、髪の毛とか見切れています。
レタッチするにも限界があり、先生から同じような絵があったら提供して欲しいと言われました。
公開非公開含めて、今まで描いた絵の中に同構図のものがなかったので、それならいっそのこと新しく描きおろしてしまおうと、Illustratorでこのオブジェ用に描かせていただきました。

画像


そしてできたのがコレ↓

画像


試作品では携帯のヒンジ部分が動くようになっていたそうですが、動きが小さくて目立たないということで、右肘から分割し動くように変更されています。
どういった構造で動かしているのかなどは動画、または直接イベントでご覧下さい。

こういったモノを「オープンソース・ハードウェア」と言うのだそうですが、もの凄い興味をそそられます。
PC自作が好きな私ですが、文系人間なので電子工作には手を出しにくいです。
PC自作と言っても所詮パーツを組み立てる程度のものですから、そこからもう一段階ステップアップできたらいいんですが…。
でもいいなぁコレ…やってみたいなぁ…。

※野尻先生のご好意により、写真の掲載を許可していただきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
この動画はそっこーでチェックしましたよw
初めて見るネルの絵だったので疑問に思ってましたが、描き下ろしだったのですねw
>どういった構造で動かしているのかなどは動画、または直接イベントでご覧下さい。
ちょwネルも展示されるんですか!?
<D>
2008/04/16 18:32
 はい、ネルも展示しますよ。そのために作ったんですからw
 今回の動画でネルの人気を実感しました。ネルのカットだけコメント職人さんがきてるしw、そのあとのモノクロのところでも「字がじゃまでネルの顔が見えない」とか言われるしw。もうちょっとじっくり見せてあげればよかったなあ。
 20日のイベントの主催者は「テクノロジーの解放運動」みたいなことをしていて、大手企業の販売するブラックボックス製品をよしとせず、どんどん自作したり改造したりしよう、と主張しています。それがオープンソース・ハードウェア運動です。
 私も文系なんですけど、その思想には共鳴するので、まあぼちぼちやってます。今回のネギ振りメカも、一見高度に見えるけど、実は初歩的な技術の寄せ集めです。それでも世界にひとつのお気に入りマシンができるんですから楽しいです。
野尻抱介
2008/04/16 21:54
>><D>さん
せっかく野尻先生が作ってくれたものなので、描き下ろしてみました。

>>野尻先生
やはりミクがメインなので、あのぐらいがネルにちょうど良い尺だと思いますよw

>大手企業の販売するブラックボックス製品をよしとせず、どんどん
>自作したり改造したりしよう、と主張しています。
すごい共感できる主張ですね。
普段使っているものが一体なんなのか理解を深めることは、テクノロジーの発達に翻弄される我々に今一番必要なことだと思います。
敷居が高く感じますけどね…。

うーん、やっぱりやってみたいなぁ。
フィギュア製作にも手を出そうかと思案していたので悩みどころです。
ヒオカ
2008/04/17 01:23
 電子工作に入門されるなら、エレキット(http://www.elekit.co.jp/)あたりから、適当なキットを何個か作ってカンをつかむのがいいと思います。「オープンソース・ハード」といっても、中身はこういう普通のキットと同じです。どちらも改造に必要な情報は説明書に全部載っています。
 じゃあどこが違うかといえば、オープンソース・ハードにはオープンソース・ソフトウェアと同じような、ライセンス宣言があることです。Daisyの場合はCCライセンス宣言があります。
 まったく自由にすればいいというものではなくて、ライセンスで「ある拘束力」を与えて、企業などに独占されない、最大限の自由を確保しようというわけです。
 このへん、亞北ネルの権利問題にも重なるものがあります。今後、キャラクター共有を模索するうえでヒントになるかもしれませんね。
野尻抱介
2008/04/17 15:42
きゃー、先生自らお答えありがとうございます m(_ _)m
某スレのくだらなくも平和な派閥争いを笑って流していただければ幸いですw
それはそうと…
>大手企業の販売するブラックボックス製品をよしとせず、
>どんどん自作したり改造したりしよう
これは非常に共感できる主張ですね。
昔からなにかと弄りたくなるクチですので、色々改造してきましたが、
もちろんメーカーとしては認められないものもあるわけでw
このようなライセンス宣言があると安心してイロイロできるわけですね。
たとえば携帯なんかも…(自分のNokia 702NKUもいろいろ弄くりましたが)
と思ったら有るんですね、オープンソース・ハード携帯。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080307/148616/
日本にも入ってこないかなぁ。

<D>
2008/04/17 22:09
>>野尻先生
今日、病院に行ったついでにマルツパーツで色々見てきました。
エレキットもありました。
ただ、全く下調べせずに行ったので、そもそも半田ごてはどれを使えばいいのかとかサッパリでした。
スターターキットみたいのも置いてあったんですが、ちょっとお高かったんで保留に。
でも、俄然やる気が出てきました。

> まったく自由にすればいいというものではなくて、ライセンスで「ある拘束力」
>を与えて、企業などに独占されない、最大限の自由を確保しようというわけです。
>このへん、亞北ネルの権利問題にも重なるものがあります。
>今後、キャラクター共有を模索するうえでヒントになるかもしれませんね。
おお、非常に参考になる部分が多いですね。
一口に自由と言っても、利欲や悪意を持って近づく人々に対し無防備では意味がありません。
過去において、多くのネットユーザー共有キャラが憂き目に遭ってきたのも、そういうことなんでしょうし。
特に私自身が気を引き締め、みんなに楽しくネルを共有してもらえるよう考えていきたいと思います。
ヒオカ
2008/04/18 16:34
>><D>さん
>たとえば携帯なんかも…(自分のNokia 702NKUもいろいろ弄くりましたが)
>と思ったら有るんですね、オープンソース・ハード携帯。
>http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080307/148616/
>日本にも入ってこないかなぁ。
702NKUですかー。
ヨドでホットモック触ったぐらいですねぇ。
携帯も自分で色々できる方がいいですよね…PC以上にパーソナライズが必要な気がします。
スマートフォンが好きなのもそういう面が大きいですが…。
そのオープンソース・ハード携帯みたいなのが海外からバンバン出ても、日本の携帯キャリアのSIMが使えないと何とも…。
W-SIMの評価ボードとか改造して、自分の携帯作ってみたいですw
確かGoogleの携帯向けプラットフォーム「Android」で通信成功してたような…。
ヒオカ
2008/04/18 16:34
アナログオンリーですが、数年前に電子工作を独学でやって遊んでましたー。
こんなの作ってました→http://www.youtube.com/watch?v=NO4VgxZ33D8
マルツパーツ(通販のみ)っ子ですw
初期投資や勉強のハードルが高かったです。ネットでモジュール単位の回路図を探して、それを好きに組み合わせて設計する、て感じでやっとりました。プログラムを始めるのに似てますね。
PIC等はまだハードル越えてないのですが、作りたいものができればやってみようかと思いますねー。
カワノ
2008/04/18 23:08
>>カワノさん
すげぇえええ!!
このメカ然とした感じがステキです。

ああ…益々やりたいです…。
思えば小さな頃から道に落ちてるガラクタを拾い集めてた子でした。
今でもその一部がクッキー缶に入ってますが。
ヒオカ
2008/04/18 23:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
電子工作員、亞北ネル 防火ロイド「亞北ネル」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる